米津玄師Live「脊椎がオパールになる頃」の徳島1日目に行ってきました。

米津玄師の地元徳島で、アリーナツアーの一本目となるライブへ参加してきました。

電子チケットの管理番号と座席について

管理番号「A3***」と3000番台でしたが、アリーナ17列目の50番台でした!ちなみにflamingoの封入先行抽選で当選したものです。
立ち見の人は、番号毎に事前に並んで入場していたので、立ち見の人は番号が若い方がよさそうです。
ただ、それ以外の指定席の人は、管理番号から実際の座席を予想するのは難しそうです。

弟も同じflamingoの抽選で当選し、管理番号は「A2***」でしたが、アリーナ31列目でした。
このことからも電子チケットの管理番号が若ければ良いと言うことではなさそうです。

アスティ徳島周辺について

徳島駅の前のホテルに宿泊し、そこからバスでアスティ徳島へ行きました。
シャトルバスが運行され、15分~30分に1本ぐらいで運行されているようでした。

一番近いスーパーの駐車場には警備員が配置され「お客様以外駐車禁止」の看板が立っていました。
アスティに停められなかったからといって、近くのスーパーなどに勝手に停めるのは止めましょうね。過去にあったんでしょうね。

物販について

私たちは、15時ぐらいにつきました。
その時点では売り切れはなく、また待ち時間も無くスムーズに購入することが出来ました。
ガチャガチャも同様にスムーズに回すことが出来ました。

ガチャガチャは二回連続で同じ筐体で回したのにも関わらず、全く同じキャラクターがでました!なんて引きの弱さ!
あとで、弟にかぶったやつは交換してもらいました。
周りでは同じ様にかぶったものを、ファン同士で交換してる光景がありましたので、おそれず声をかけて見るのも手ですね。

ライブについて

ネタバレは少なめにしますので、たぶん。全体では無いですが、一部セットリストの紹介があるので、一部でも知りたくない人は、これ以降、読まないでください。

MCは少なめでしたよー。
あのハスキーな低い声から、どうしたあんなに高い歌声が出るのでしょうか。
踊りも迫力があって良かったです。

ただ、徳島の特性か、四国の特性か。。。

おとなしいノリでした。
米津玄師さんが悪いとか、そういうのは無く、観客のノリがおとなしかったです。

ピースサインとか米津玄師さんが煽ってくれたのに、歌えてなかったり。。。
ピースサインって、有名な曲だと思うんですけど。。。
(私は全力で「おーおー」言いました)

まあ、楽しみ方はそれぞれですけど、ライブにあまり来たことが無い若い人や年配の方が多かったのかな。

あと、気になったのが、バラード曲の手拍子。
Orion、Lemon、手拍子が「パン、パン」って。
静かに聞かせるところでも「パン、パン」って。
パンパン鳴らさなくても良いんですよ。じっくり聞いても良いんですよ。と言いたかった。
まあ、楽しみ方はそれぞれですけどねえ。

他のアーティストで、過去ライブに参加したのは、
「ミスチル」「ワンオク」「グドモ」「サザン」「ドリカム」「Aimer」「西野カナ」「モンパチ」「ジャパハリ」「ガガガSP」「ファンモン」「ケツメイシ」「オレンジレンジ」
ですが、バラード歌唱中の「パンパン」手拍子があんなに気になったのは、今回が初めてでした。

他の地方のライブにも参加してみたかった!
ライブ自体はとてもよかったです!聴きたい曲もおおむね聴けたし、生米津はイケメンオーラ出まくりでした!

終演後について

ライブ終演から会場の外に出るまで、30分掛からなかったと思います。
徳島駅までのバスも、30分程度待てば乗れたので、結構快適でしたよ。
タクシーの列とどっちが早いかどぎまぎしてましたが、バスの方が結果早かったです。

スポンサーリンク

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください