サスペンスドラマの映画化。「劇場版 Mozu」の感想。【ネタバレ本文最後にあり】

ざっくり感想・まとめ

  • 派手なアクションシーンがイイ
  • 松坂桃李さん、演技うまい
  • やっと出てきただるま

はじめに

私は地上波で放映されたSeason1から、wowowで放映され、後に地上波でも放映されたSeacon2も両方見た状態で映画館へ行きました。
ドラマを見ていない人も楽しめると思いますが、あるあらすじを見たりした方が楽しめると思います。

感想

全体的には

映画は主人公「倉木」がバーにいるところから始まります。

ストーリーがどんどん進むにつれて、展開がとても早い。

え?なんで追いかけてるの?
え?これは現実?
え?なんでここでこの人が出てくるの?

なんてことが多々ありました。

ただ、見終わった後は、よくここまで詰め込んだなあ、と感心していました。
ずっと謎だった「だるま」も出てきました。
出てきましたが、最後のオチと言うか、だるまの存在が、思うよりあっけなかったです。
もっと絶望的な「何か」を想像してたので。

みどころ

アクションシーン

アクションシーンがとても良かったです。

日本では撮影できないような、道路を使用したカーアクション。
大量の爆発。
迫力があってとてもドキドキしました。

新キャラたち

松坂桃李さんが演じられています。
狂気の姿は恐ろしさそのものでした。
女装するシーンがあるのですが、いやあ、綺麗でしたよ。池松さんのそれより、全然綺麗です。
あ、比べるのは失礼か。。。

だるまは、あっけない終わり方です。いや、終わったのかどうかも怪しいです。が、
東の台詞から、終わったのだとは思いますが、終わってほしくないという気持ちもあります。

考察

ここからは「ネタバレ」が含まれます。
ネタバレしたくない方は、別のページへ移動してください。

良いですか?

ダルマについての最後について

ダルマは東の操縦するヘリコプターで火の海から脱出し、翌日のニュースで身元不明の遺体がヘリから発見されたため、そこで最後を迎えた、と読めました。
いや、これ、あっけなくないですか?

ダルマがいることである程度の秩序が保たれていて、それを壊したい「東」。
それをダルマが気づいていなかったのでしょうか?
あの側近の様な人は東の思いに気づいていたような気がしますが、どうなんでしょう。

倉木と東は、良い友人になりそうな気がしました。

東の狂った感じは、個人的に好きです。
ロケットランチャーを倉木が連れ去れられている車へぶっ放すところ、いいですよね。

映画情報

タイトル 劇場版 Mozu
ジャンル ハードボイルド、サスペンス
上映時間 113分
公開日 2015/11/7
DVD/Blu-ray

スポンサーリンク

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください