HUIS UI CREATORをビルドして遊んでみた

0000

数の家電をシンプルに使える上、あなたのほしいボタンだけにカスタマイズできます。
とのうたい文句で登場した、電子ペーパーを搭載した、SONY製学習リモコン、「HUIS」(ハウス)

クラウドファンディングで支援して、お礼の品として、1台受け取ったのですが、便利に日々使用しています。
詳しくは、レビュー記事をご覧ください。

関連記事:カスタマイズ可能な自分専用リモコン「HUIS REMOTE CONTROLLER」を買ったので、開封とレビュー

そんなリモコンの画面を自由にデザイン、カスタマイズできるソフトがようやく、ソース公開されていました。
プログラム自体は、今月の8月30日に公開されるみたいですが、選考して、プログラムの元となるソースファイル群と、ビルドとコンパイル手順が公開されています。

技術ブログの方に書こうかと迷ったあげく、両方のブログに、異なる内容を記載していきます。
こちらは、コンパイルした後、遊んだ結果を書いてみます。

ビルドとコンパイルの方法

技術ブログの方にまとめています。興味のある方は、一度目を通してみてください。
まあ、苦労しました!

HUIS UI CREATORの使い方

HUIS UI CREATORを使う準備

まず、HUIS本体のファームウェアのバージョンを確認してください。

ホームボタンを押して、右上の「スパナ」のアイコンをクリック
W1024Q75_DSC_0016

システムをクリック
W1024Q75_DSC_0017

2.0.3になっていることを確認してください。
W1024Q75_DSC_0018
なってない場合は、HUIS UI CREATOR のGITページからダウンロードして、アップデータしてください。

HUIS UI CREATORを起動する前に、パソコンとHUISを接続してください。

登録されているリモコンを読み込むのに、1分程度時間がかかります。
抜き差ししないように、じっと我慢しましょう。
0000

カスタマイズ開始

右上の「new」をクリックし、デザインを開始します。
0001

すでに登録済みのリモコンのボタンを選び、配置し、好きなアイコンに変更したり位置を変更したりして、カスタマイズしていきます。
0002

カスタマイズ結果

カスタマイズが終わったら、「save」を押してください。
HUIS本体と同期されます。
0004

私は、こんな感じで収まりました。
いやー、とても便利になりました!
0003

カスタマイズのポイントやコツ

テキストは左寄せ

ボタンのデザインを、画像ファイルかテキストのどちらかでデザインできるんですが、テキストで入力した場合は、同期したときに「左寄せ」になってしまいます。
画像ファイルだと、中央寄せになるので、時と場合によって使い分けると良いかと思います。
ただ、HUIS UI CREATOR上では、テキストも中央寄せになっているので、正式リリース版では、選べるようになるか修正されるかも知れませんね。

ボタン追加の初期位置

新しいボタンを配置するときは、元あるリモコンと同じ位置に配置されます。
また、移動先にそのボタンの大きさの空きがなければ移動できません。

なので、その位置をあらかじめある程度開けておき、サイズ調整した後、配置したい場所に移動させましょう。

画像ファイルは透明化し、モノトーンで保存

透明化しておくと、イメージの後ろにボタンを配置できます。
完成イメージで言うと、「CH」とか「VOL」の部分です。

最後に

W1920Q75_DSC_0015

支援して、製品を手にして、本当に良かったと思います。
待ちに待った甲斐がありました!

スポンサーリンク