Androidを5年以上使った私がiPhone SEに替えて困ったこと

fig_main

私は会社からスマホが支給されています。初めて支給されたのが、初代Xperia「SO-02B」でした。
それから、HTC Desire X06HT、Galaxy S3、Xperia Z1 Compact、xperia A4と使用してきました。
そんな私が2週間、iPhone SEを使用してみて困ったことと、有れば解決方法を書いておきます。

文字入力が使いづらい

変換があほ

iPhone純正の文字入力は変換があほです。
「あいふぉん」と日本語入力して「iPhone」に変換されない。

電話帳参照入力ができない

Xperiaで出来ていた、電話帳参照(引用)ができない。
ログインIDに自分のアドレスを登録している場合に長い文字を入力したり、面倒くさい。
参照して貼り付け、の楽なことができない。

英単語の予測入力がない

これは、何故だ。何故出来ない。使い込んでいないからか?

文字入力の解決方法:「Simeji」をインストール

Simejiアプリを入れました。
変換は賢くなりましたし、英単語の予測入力やメールアドレスの予測?というか学習もしてくれて、ログインIDに登録してあるメールアドレスの入力が楽です。

Simejiにも不満が

予測入力のリストが1行しか表示されない。
2行表示してよ。設定があれば教えてください。

たまに出る広告がうざい。
有料版買おうにも、iPhone使い続けるか分からない今の段階で購入するのには引けてしまう。

iCloudが怖い

某有名人も不正アクセスされましたよね。
いや、怖いでしょ。これ。デフォルトで写真が同期されるようになってるって、気づかない人いるんじゃないですか?

しかもたった「5GB」しか無料では使えません。

iCloudの写真同期をオフに

「設定」→「iCloud」→オフにしたい機能を「オフ」に
でオフにいました。

iCloudの代わり:Googleドライブを

Googleドライブをインストールしました。
今までも使用していたため写真もあるし、無料で「15GB」ですし、いいですよ。
見られちゃまずい写真はクラウドには載せないようにしています。

戻るボタンがない

癖で画面左下をタップしてしまう自分がいます。
ホームボタンと呼ばれるものしかiPhoneには有りません。

左端からスワイプすれば「戻る」と同じ挙動をするアプリがほとんどですが、アプリ側に実装を任されているので、対応していないアプリでは戻るボタンを探す羽目になります。

その戻るボタンも大体は「左上」に用意されているのですが、スマホを持つ手の位置からすると「遠い」「押しづらい」です。
まあまあ、イライラします。
左端からスワイプで戻る、がすべてのアプリに実装されることを祈ってます。本当に。

LINEのトークの引継ぎができない

XperiaからiPHoneのように、AndroidからiOSといったOSが異なる環境ではいくらトークをバックアップしても復元は不可能です。
テキストでのバックアップをし、テキストとして見返すことはできます。

ですので、送られたスタンプや写真などは移行できません。写真はローカルやGoogleドライブなどのクラウドに保存しておきましょう。

おサイフケータイが使えない

NFCは付いていますが、おサイフケータイは使えません。

おサイフケータイの解決策:カードでとりあえず対応

とりあえず、iDはiDが付いたクレジットカードで使うことにしました。
小銭が増えるのを助けてくれるので、大活躍です。

suicaはとりあえず、会社支給のAndroidに入れてます。
会社支給のスマホに自分の資産を預ける状態になるのが、精神的にイヤだったのですが、オンラインで自動チャージの便利さは捨てられない。

ANAのスキップや搭乗は、ANAカードで行います。

着信音がiThunes経由じゃないと入れられない

ああ、面倒くさい。
CDからリッピングしてあるmp3をAACに変換して、パソコン上でカットして、iThunesで同期して、設定して、ってやりました。

Androidだとスマホ上でmp3をカットしてそのまま着信音に出来るのに。

著作権への対応をしっかりしている点では、Appleはさすがだなあと思います。

iPhone使ってる人のLINEの音って、みんな似たようなやつ(LINEにもともと用意されている音)だなあ、と思っていたのですが、その理由がなんとなく分かった気がします。

最後に

意外とすくなかったですね、困ったこと。
次回は良かったことをまとめて見たいと思います。

スポンサーリンク

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください