原作を読んでいる私の「映画版僕だけがいない街」の感想、考察。【下部にネタバレあり】

ざっくり感想・まとめ

  • よくまとめたなあ。
  • 俳優陣の演技うまい!子役はもうちょっとかな。。。
  • ラストは原作と異なる

はじめに

僕だけがいない街。
原作を読んだ上で、アニメを視聴しています。
その状態で、実写映画版を見に行きました。
サスペンスものですので、本もアニメも見ずに、映画を見たいと考えている方もいらっしゃると思うので、ネタバレは極力少なめに行きます。

感想

全体的には

映画のラスト30分程度以外は、ほぼ、原作通りに進んでいきます。
その中で、藤原竜也さん、有村架純さん、さすがです。
原作のイメージを壊すことなく、また、原作を知らなくても自然と受け入れられるような演技でした。

ただ、子役はちょっとというか。
けんやと言う、弁護士になる子供がいるんですが、なんか、ただの元気な子供になっていたのが残念でした。
鋭い観察眼が彼の良いところだと思ってたのに。
加代役の鈴木梨央さんは、ダントツで演技がうまかった。本当に自然で、加代そのものに見えました。

みどころ

衝撃のラスト

途中から原作とは違う流れになります。

ほう、そう来たか!と思いましたが、私としては、残念でした。

ただ、全体としては、よくまとまっていて、おもしろいと思います。

ネタバレ有り感想

ここからは「ネタバレ」が含まれます。
ネタバレしたくない方は、別のページへ移動してください。

良いですか?

先生との絆

原作と同じで犯人は先生だったわけですが、先生と主人公「悟」との絆がもう少し描かれると良かったかなあ、と思います。
それがあってこその、真犯人にたどり着いたときの悟の感情の乱れだと思うので。

真犯人を知ってからの悟について

真犯人が分かった後、悟がリバイバルから戻ってくるわけですが、原作ではリバイバルの時間がそのまま流れて「僕だけがいない街」が出来ます。
映画版では違う意味で「僕だけがいない街」となっています。ここは残念でした。

ただ、リバイバルから戻り、真犯人が分かった状態での悟の行動は、良かったです。物語がうまくつながったなあ、と感心しました。

ラストシーンについて

なぜにバッドエンドなんですか!と問いたい。
雰囲気はよかったねえ、みたいな感じで終わってましたが、違う終わり方もあったんじゃないかなあ、と思います。

映画情報

タイトル 僕だけがいない街
ジャンル サスペンス
上映時間 120分
公開日 2016/3/19
DVD/Blu-ray

スポンサーリンク

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください