Bluetoothのヘッドセットを「Jabra BOOST」に買い換え

仕事中、スマホとパソコンをマルチポイントで待ち受けし、音楽を聴きながら仕事をしたり電話を受けたりしています。
そのヘッドセットを買い換えたので、紹介します。

購入製品は「Jabra BOOST」

旧使用製品は、「plantronics M50」。その不満点

plantronics M50(以下、M50)を使用しています。
買い換えのきっかけは、bluetoothでの接続が切れやすくなったため、ですが、買い換えのタイミングなので、より良いものがほしい、と思い、色々検討しました。

M50の不満点と言えば、ガイド音声が英語のみ。
デザインがあまり良くなくチープに見える。

ぐらいですかね。

3年前に購入した際は、それなりにかっこよく見えたのですが、今改めてみると、チープです。
前面に穴が空いたデザイン、イヤーフックの透明感。

購入製品「Jabra BOOST」の良いところ

ガイド音声が日本語です。
もちろん、英語でも難しい単語が出てくるわけではないので、理解は出来ます。
ただ、すっと入りやすいのは日本語の方でしょう。

デザインもつるんとしたプラスチックですが、シンプルで洗練されていると思います。
なにより、3年の進歩は大きいですね。

「plantronics M50」と「Jabra BOOST」の比較

重さ

Jabra BOOSTの方が約3g軽いです。
11.5gと8gです。

両方持ち比べて見ればわかりますが、軽いです。
もともと軽いのに、よくもまあ、ここまで軽く出来るなあ、と思います。

スペック

購入条件に、音楽プロファイル(A2DP)に対応していること、複数の機器で同時に待ち受けが出来ること(マルチポイント)がありました。
両機種とも、対応しています。

待ち受け時間は、bluetoothの規格が異なるため、単純比較になりませんが、当然、新しい「Jabra BOOST」の方に軍配が上がります。
ただ、連続音楽再生、連続通話に関しては「11時間」と「9時間」で、「Jabra BOOST」が劣ります。
まだ使い始めたばかりですが、違いは実感できるほどではありません。M50は3年も使用し続けて、バッテリーもへたっていたでしょうからねえ。

音質

これは好みがあるでしょうが、私は「M50」の方が好みです。
「M50」の方が低音が聞いている様な気がします。

ただ、通話音質に関しては「Jabra BOOST」の方が聞き取りやすく、クリアな音質です。

通信品質

M50の方が、つながりが悪くなったために買い換えたのですが、今のところ「Jabra BOOST」のほうでブチブチ切れてしまうことはありません。
私のデスクでは、キーボード、マウスがパソコンとbluetoothで接続されており、ヘッドセットはそのパソコンと、スマホ(xperia)に接続されています。
さらに、パソコンとスマホはそれぞれwifi(5Ghz)で接続されているため、無線だらけです。

雑感

まだ耳がイヤーピースとイヤーフックに慣れていないため、違和感が半端ないです。
M50も購入当初はそうだったので、そのうちなれるかなあ、と様子を見ています。

「Jabra BOOST」の方は、左右でイヤーフック取り替えないと行けないのが難点かな。
「M50」の方は左右どちらでもつけられるように切り替え機能が付いていました。

ただ、私は、ほぼ100%dで右耳につけているため、あまり問題になりません。

こういう小さいアイテムでも、新しい製品の進歩に感心します。

スポンサーリンク